キミガヨラン(ユッカ)






季節を問わず、あちこちで 「キミガヨラン」 が花をつける。

この季節に咲くのは珍しい。
画像

画像

強い北風で花茎が倒れている。



花に迫ろう!!
画像

画像

画像

変わったシベの様子をしている。
実を付けているの事は殆んど無い。



まだ蕾も付いている。
画像




葉っぱの様子。
画像

葉の先に金属の針に負けないほど硬い剣を持っている。



キミガヨランは、リュウゼツラン科 ユッカ属の常緑低木。

アメリカ地方の原産。

ユッカ蛾が花粉を媒介するらしい。
この蛾が日本では殆んど居ないので、実をつけることは少ない。

硬い葉っぱに、鋭い棘。
砂漠・草原に相応しい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2009年01月21日 10:02
つれづれさん、ユッカがまだ咲いてるのですね。
近所でも大きな木がありますが、年末ぐらいが満開でした。今は花がおちています。行きつけのゴルフ場にも沢山あるのです。25日行くので見てきますが、恐らく終わってるでしょう。比較的写真の難しい花をうまく撮られています。
つれづれ
2009年01月21日 21:32
彦左さん。
案外時期を選ばずに、あちこちで咲いています。
ただ、この時期としては珍しいです。
寒さに震えるように咲いているのが気の毒でした。